製造メリット
チップ部品をリール支給した場合と手載せ対応になる場合では価格に雲泥の差がつきます。

見積依頼するときに「CR部品は全てデバック分、ロス分を含めたリールで支給します。」というだけで
実装費は安くなります。


実装現場で大事なのは効率です。
単価に見合った価格を貰っても効率は常に向上させなければなりませんよね。

手載せとマシン実装、効率を比べてみれば雲泥の差です。
チップレンタルを活用すれば手載せの心配は無く、ロス分やデバック分を気にせずに効率の良い試作・小ロット生産が可能です。



部品を調達で悩むのは在庫です。

試作の為に揃えた部品が設計変更でお蔵入り、なんてことも珍しいことではありません。

チップ部品は安いとは言え、チリも積もればマウンテン。

後々経理から怒られないようにしましょう。


試作だから。小ロットだから品質に問題があってはいけません。

不良のメカニズムで多いのがヒューマンエラーです。手載せはまさに不良の原因の巣窟です。

チップレンタルを活用すればマシン実装で高品質を実現できます。



部品単品だと小さいのですが数量が増えると悩むのが部品保管スペースです。

現場や狭い事務所に置いておくといつしか何処に行ったのか分からなくなってしまいますよね。

チップレンタルでは御社の部品倉庫と思ってご活用ください。


試作や小ロット生産の見積で一番難しいのが見積です。

実装工場ではバラ部品、テープカット品、支給数量などこと細かく情報を頂かないと正確な見積はできません。

要はマシン実装がどれくらい出来るかで単価は大きく変わります。

発注者側も最初の見積と後で請求された金額が全然違うようでは困りますよね。

チップレンタルを活用すれば「CR部品は全てリールです。」と言えばお互いがスッキリで円滑で精度の高い見積が可能です。


部品は必要な分だけあればいいというのは在庫になった場合、数えたりと棚卸しを必要とします。

そういった管理費が部品よりずっと経費がかかるのを知っていますか?

在庫になって管理費も継続してかかるデメリットをチップレンタルは解消致します。



発注者も受注者もお互いに利益を出さなければビジネスとは言えません。
片方は大儲け、片方は損失、または両社とも損失ではいけませんよね。
チップレンタル.comは実装工場の悩みと部品調達の悩みを解決するために生まれた新サービスです。
チップレンタルは上記のメリットでお互いの関係をWIN-WINにするお手伝いをさせてもらいます。


ご利用案内はこちらです。